終活はなぜ必要?何をすれば良いの?

終活はなぜ必要?何をすれば良いの?

「終活」は、「自分の人生や家族のために行う準備・活動」のこと。とても前向きな言葉です。 元気なうちに、自分の人生の終え方を考え、そのための準備をする「終活」に興味を持つ方が増えています。こちらでは、そんな「終活」の重要性について、生前遺影写真撮影を手がけるマイポートレートの想いを紹介しています。

終活とは

「終活」とは人生の終わりを見据えて前向きに準備することで、今をより良く生きる活動です。 世界一の長寿国である日本。少子高齢化が進み、経済的にも厳しい状況が続いています。そのため、自分の人生のエンディングに不安を感じる人が多くなったことは事実。「終活」に興味を持つ人が増えたのは、このような時代背景が大きな理由の一つではないでしょうか。

なぜ、終活が必要か?

「もし今、自分の人生が終わってしまったら……」と考えたとき、「葬儀費用・相続などで、子どもや孫に金銭面の負担をかけるのではないか?」「葬儀・形見・遺産などに関する自分の意思が、きちんと伝わるだろうか……」と、不安になる方は多いのではないでしょうか?

こんな風に自分の人生の終わりについて考えるとき、やはり頭の中に浮かんでくるのは残される家族のことです。「終活」は、自分の人生に悔いを残さないための活動ですから、楽しんで行うことが大切。その上で、家族が困らないように準備しておくことも「終活」を進める上ではとても重要です。

「終活」の具体的な内容は?

荷物整理

エンディングノートには貴重品の収納場所・遺産にあたる品などを記入することが多いですが、そもそも、これらがどれだけ存在して、どこにあるのか? 自分自身で把握していなければ記入できません。そのため、荷物の整理は重要なポイント。写真などもまとめておくと、遺影作成・葬儀の際に残されたご家族様が迷わずに済みます。

葬儀の準備

近年は、生前に遺影写真を撮影したり、葬儀場の生前予約申し込みをしたりされる方が増えています。葬儀費用を準備し、その旨をエンディングノートに記入している方も。生前に準備しておけば自分の意思を反映させられるだけでなく、葬儀場選び・金銭面での残されたご家族様のトラブルを避けることにもつながります。

エンディングノートの作成

エンディングノートは、もしものことがあったときに連絡してもらいたい人・保険や年金などの内容・財産・葬儀・お墓・貴重品の所在・各種暗証番号・口座番号など、残されたご家族様にとって必要な情報を記入したノートです。手続き上必要な情報はもちろん、近年は葬儀・お墓などに対する自分自身の希望を記入する人も増えています。

マイポートレートは生前遺影写真の撮影で「終活」をサポートします

生前の遺影写真撮影は、終活の大切な項目の一つ。「自分らしい生前遺影写真」を撮影することで、マイポートレートは終活をサポートします。迷わず「これだ!」と言える「とっておきの一枚」を準備したい方は、ぜひご相談ください。

マイポートレートの各種サービス

「芸能人も撮影する、都内スタジオでの撮影

ご自宅や思い出の地にプロのカメラマンが出張して撮影

法人のお客様向け撮影のご提案

スタジオ撮影・出張撮影・法人様向け撮影に対応 マイポートレートでは、生前遺影写真・肖像写真撮影のご依頼をうけたまわっております。 電話番号03-6416-0575